「来年こそJ2昇格を」 BB秋田ホーム最終戦、健闘に拍手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 試合後に選手たちに拍手を送る秋田サポーター=あきぎんスタジアム
試合後に選手たちに拍手を送る秋田サポーター=あきぎんスタジアム

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田の今季ホーム最終戦が18日、秋田市のあきぎんスタジアムで行われた。観衆2548人の大半を占めた秋田サポーターは、今季ホーム最終戦を白星で飾ってほしいと熱い声援を送り続けたが、試合は富山と2―2で引き分けた。県外での残り2試合の勝利と、来季の巻き返しを願う声が聞かれた。

 家族で観戦に訪れた主婦深川未来さん(31)=秋田市=は「春にスタジアムに1万人もの人が集まったり、突然監督が交代するなど、いろいろあった」と振り返る。「未来につながるシーズンだったと信じている」と試合を見詰めた。

(全文 740 文字 / 残り 482 文字)