68歳の演歌新人、曲は「太平山」 たいら将がCD発売

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「家では孫も『じぃじの歌をやります』と上手に歌ってくれている」と話すたいら=秋田魁新報社
「家では孫も『じぃじの歌をやります』と上手に歌ってくれている」と話すたいら=秋田魁新報社

 秋田市太平の演歌歌手たいら将(68)がこのほど、デビュー曲「太平山」を発売した。秋田から都会に出る子とそれを見守る父親の思いを、太平山に重ね合わせた曲。たいらは「地域の宝物のような山を歌えて光栄」と話す。

 農業などの傍ら、多くのカラオケ大会に出場し、県内歌手のイベントでも歌を披露。2012年にびんだれ山全国大会で優勝した。

 カップリングの「俺って奴は」と共に、司会業の渡辺寛尚(八郎潟町)が作詞・作曲した。

(全文 315 文字 / 残り 110 文字)