秋田杉のツリーでクリスマス気分 秋田市で園児が飾り付け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツリーを飾り付ける園児たち
ツリーを飾り付ける園児たち

 秋田県林業公社と県緑化推進委員会は19日、秋田市の飯島幼稚園(加賀谷弘哉園長、95人)に秋田杉のクリスマスツリーを贈った。園児たちは手作りの小物でツリーを飾り付け、一足早くクリスマス気分を味わった。

 公社職員らが県のPRキャラクター「んだッチ」と水と緑のマスコット「森っち」と共に同園を訪問。樹齢約30年の杉の先端部分で作った高さ約2メートルのツリーと、杉の間伐材を利用したリースや積み木のおもちゃをプレゼントした。園児らがトナカイや靴下を模した手作りの小物でツリーを飾り付け、仕上げに電飾を点灯させた。

(全文 459 文字 / 残り 206 文字)