秋田商、1回戦は四日市中央工 全国高校サッカー選手権

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1回戦での対戦が決まり、握手する秋田商の鈴木主将(左)と四日市中央工の山本主将
1回戦での対戦が決まり、握手する秋田商の鈴木主将(左)と四日市中央工の山本主将

 第97回全国高校サッカー選手権大会(12月30日~来年1月14日)の組み合わせ抽選会が19日、東京都港区の日本テレビで行われた。4年連続44度目の出場となる本県代表の秋田商は31日午後0時5分から、フクダ電子アリーナ(千葉市)での1回戦で3年ぶり33度目出場の四日市中央工(三重)と対戦する。

 大会最多出場の秋田商は豊富な運動量をベースにした粘り強い守備でボールを奪い、素早く攻撃に転じて得点を狙う。MF鈴木宝主将(3年)やFW長谷川悠(同)を中心に攻撃のスピードが武器。明桜との県大会決勝では、粘り強くボールをつないで後半に1点をもぎとり、勝利を収めた。

(全文 636 文字 / 残り 357 文字)