県議はイージス欧州視察の報告会を 市民有志が要請書

お気に入りに登録

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、秋田市民ら有志7人が19日、既に配備されているルーマニアなどを視察した県議の公開報告会を開催するよう県議会に要請書を提出した。

 要請書は鶴田有司議長宛てで、秋田、潟上両市の住民8人の連名。このうち秋田市牛島の須合邦夫さん(78)ら7人が同日、県議会事務局を訪れ、担当者に手渡した。地上イージスの配備に関し「政府から納得のいく説明はない」などとし、県民への情報公開の必要性を訴えている。

(全文 449 文字 / 残り 202 文字)

同じキーワードのイベント情報