秋田の魅力や課題、将来性語る 秋田市で地域力フォーラム

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県外出身の大学生がパネルディスカッションを行った地域力フォーラム
県外出身の大学生がパネルディスカッションを行った地域力フォーラム

 秋田県の活性化に向けて意見を交わす「地域力フォーラムinあきた」が18日、秋田市の秋田拠点センター・アルヴェで開かれた。本県の大学に通う県外出身の学生が、集まった市民ら75人を前に、本県の魅力や課題、将来性について語った。

 「県外出身大学生が秋田を斬る!」をテーマに、パネルディスカッションを行った。秋田大の畠山夏実さん(20)=東京都出身、国際教養大の中村さくらさん(21)=長崎県出身、県立大の長田尚之さん(21)=茨城県出身、秋田公立美術大の三上理沙さん(20)=青森県出身=の4人が登壇した。

(全文 682 文字 / 残り 431 文字)