「目標を諦めないで」 シンクロの松村さんが大内中で講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒を前に、諦めないことの大切さを説いた松村さん
生徒を前に、諦めないことの大切さを説いた松村さん

 アーティスティックスイミング(シンクロナイズドスイミング)で2008年北京五輪に出場した松村亜矢子さん(36)を講師に招いた「オリンピック教室」が16日、秋田県由利本荘市の大内中学校で開かれた。2年生46人が、諦めないことの大切さなどを学んだ。日本オリンピック委員会(JOC)主催。

 松村さんは愛知県春日井市出身。小学1年生から競技を始め、高校3年生で初めてジュニア日本代表に選出された。08年の北京五輪ではチーム5位入賞。同年に現役を引退し、現在は中部大の講師を務める傍ら慶応大大学院に通い、競技の普及にも取り組んでいる。

(全文 528 文字 / 残り 265 文字)

秋田の最新ニュース