社員に秋田の味を 明治安田生命、新東陽町ビルで物産展

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
明治安田生命新東陽町ビルで行われた秋田県物産展
明治安田生命新東陽町ビルで行われた秋田県物産展

 秋田県と地域活性化などに関する包括連携協定を結ぶ明治安田生命保険は19日、事務部門の拠点として従業員約5千人が働く東京都江東区の同社新東陽町ビルで秋田県物産展を開いた。社員らがいぶりがっこやきりたんぽ、日本酒などの特産品を買い求めた。

 同社は昨年2月に県と協定を締結し、全国健康福祉祭あきた大会「ねんりんピック秋田2017」のPR活動などを行ってきた。企業ビジョンで「地域社会との絆」も掲げており、今回の販売は地域活性化を推進する取り組みの一環。

(全文 458 文字 / 残り 234 文字)

秋田の最新ニュース