男鹿産マダイの「鯛めし」を発売 レンジで炊きたての味に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿産マダイを使った「鯛めし」
男鹿産マダイを使った「鯛めし」

 秋田県男鹿市船川港のホームページ制作・運営会社「男鹿なび」(船木一社長)が、男鹿産マダイを使った「鯛(たい)めし」を今月上旬から企画販売している。市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)敷地内にある急速冷凍設備を活用して冷凍加工し、本格的な味を手軽に味わえる商品にした。

 男鹿なびは県産農水産物の加工、販売も手掛けている。船木社長は急速冷凍設備棟を運営する会社「男鹿冷凍」の取締役を務めており、設備を使って男鹿産水産物の加工品を作ろうと企画した。製造は男鹿冷凍が手掛ける。

(全文 458 文字 / 残り 221 文字)