プロから学べ、味の決め手 金足農生、フレンチ3品に挑戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
生徒はサーモンのムニエルなど3品を作った
生徒はサーモンのムニエルなど3品を作った

 プロの料理人が調理指導をする授業が19日、秋田市の金足農業高校(渡辺勉校長)で行われた。ホテルメトロポリタン秋田の調理課洋食厨房(ちゅうぼう)主任、渡辺智英さん(34)が講師を務め、同校生活科学科の1、2年生28人にフランス料理を作る技を伝授した。

 この日は、生徒がカボチャのクリームスープ、サーモンのムニエルのタルタルソース添え、グレープゼリーの3品に挑戦した。初めに渡辺さんが調理の見本を示し、注意点や味を調えるポイントなどを解説。生徒たちはメモを取りながら、段取りを学んだ。

(全文 556 文字 / 残り 315 文字)