東京タワーで初の出前かまくら 横手をPR、来月28日から

お気に入りに登録

 秋田県横手市は来月28~30日の3日間、東京タワー(東京都港区)で初の「出前かまくら」を行う。来月で開業60周年になる東京タワーでは、記念イベントが連日開催され、国内外の観光客でにぎわっている。高橋大市長は「平成最後の年の瀬に、日本のシンボルの前でかまくらをお披露目できることになった。精いっぱい雪国横手をPRしたい」と話している。

 かまくらが設置されるのは、タワー正面入り口前の“一等地”。市内から10トントラック3台分の雪を運び、市観光協会の「職人」が本番と同じ高さ3メートルのかまくらを1基作る。来場者は、ちゃんちゃんこ姿での写真撮影や、甘酒の振る舞いを楽しめる。残った雪でミニかまくら作りも体験できる。

(全文 611 文字 / 残り 305 文字)