消費増税の解説セミナー、受講者急増 県内でも関心高まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軽減税率制度の解説などを行った秋田商工会議所のセミナー=10月23日、秋田市の第一会館本館
軽減税率制度の解説などを行った秋田商工会議所のセミナー=10月23日、秋田市の第一会館本館

 消費税率を来年10月に10%へ引き上げる政府方針を受け、秋田県内で事業者らを対象とした相談会の参加者が増えている。先月15日に安倍晋三首相が表明後に急増。税率変更の事務作業、軽減税率措置の対象の線引きといった分かりにくさもあって関心は高いようだ。

 県内では各税務署が事業者からの個別相談を受けているほか、自治体や企業団体などが税務署の担当者を招いて制度についての説明会を開催している。

 秋田商工会議所が主催する対策セミナーも受講者が増えた。9月上旬の参加者は13人だったが、先月23日は28人。経営支援課は「増税はまだ先と考えていた事業主らが対策に乗り出した」とみる。

(全文 854 文字 / 残り 569 文字)