吉田投手、クラーク像に誓う 「日々進化、日本一に」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
クラーク博士像前で栗山監督(中央)とポーズをとる吉田輝星投手(左隣)ら日本ハムの新入団選手=23日、札幌市
クラーク博士像前で栗山監督(中央)とポーズをとる吉田輝星投手(左隣)ら日本ハムの新入団選手=23日、札幌市

 プロ野球日本ハムの一員になった金足農高の吉田輝星投手は23日、入団会見の前に他の新人選手とともにクラーク博士像が立つ札幌市の「さっぽろ羊ケ丘展望台」を訪れた。ここでは誰でも夢や希望を専用の用紙に書いて、像の台座のポストに入れることができる。「日々進化して日本一の投手になる。野球だけでなく人間としても成長する」と大きな志を記した。

 雪が地面を覆い肌寒い中、吉田投手はわくわくした様子で投函(とうかん)した。描く選手像は安定感があり、勝ち続けられる投手だ。「チームが日本シリーズで優勝し、その時に投げていたい。日本一のストレートを投げ、チームの顔になりたい」と意気込む。

(全文 783 文字 / 残り 498 文字)