貴景勝が2敗目、高安と並ぶ 優勝決定は千秋楽に持ち越し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
高安(左)が引き落としで貴景勝を下す=福岡国際センター
高安(左)が引き落としで貴景勝を下す=福岡国際センター

 大相撲九州場所14日目(24日・福岡国際センター)1敗で単独トップだった小結貴景勝がただ一人1差で追っていた大関高安に引き落としで敗れ、12勝2敗で並んで優勝決定は25日の千秋楽に持ち越された。優勝争いは、ともに初優勝を目指す2人に絞られた。

 大関栃ノ心は関脇御嶽海を寄り切り、勝ち越した。御嶽海は負け越し。3敗だった平幕隠岐の海は琴奨菊に負けて優勝争いから脱落した。

 十両は新十両の友風が3敗を守り、単独首位に立った。