白鵬、冬巡業初日から参加へ 右膝痛などで九州場所全休

お気に入りに登録

 右膝痛などで大相撲九州場所を全休の横綱白鵬が、冬巡業に12月2日の初日から参加することが24日、明らかになった。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)が明言した。

 白鵬は10月中旬に右膝と右足首の手術を受けた。九州場所直前になっても力を入れて四股を踏めなかった。宮城野親方は「今は少しずつ腰を下ろして、すり足もできるようになった。順調に回復している」と説明した。巡業では当面、取組を外れるが、横綱土俵入りは行う見通しという。