地上イージス新屋配備、理解し難い 立憲民主党・枝野代表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
インタビューに応じる枝野代表
インタビューに応じる枝野代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は24日、秋田市のホテルで秋田魁新報社のインタビューに応じ、迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)に関し、政府が住宅地に近い秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を配備候補地としていることについて「できるだけ影響が少ない地域を配備地に選ぶのが当然。理解し難い選定だ」と話した。

 地上イージスに対する党の考えとして、「金をかけるほど防衛力が高まるのは当然のことだが、ミサイルを撃ち落とせる確率や金額との兼ね合いが問題だ。また、万が一の際、配備先の周辺住民に被害を与えかねないことも考えなければならない。拙速な配備は賛同できず、『否』に近い疑問を持っている」と否定的な立場を示した。

(全文 412 文字 / 残り 105 文字)