稀勢「治療に専念したい」 冬巡業前半は不参加へ

お気に入りに登録

 大相撲九州場所を右膝痛で途中休場した横綱稀勢の里が25日、福岡市内のホテルで開かれた田子ノ浦部屋の千秋楽パーティーに参加し「休場という形になり本当に申し訳ない気持ち。来場所、また元気な姿で帰って来られるように一生懸命治療に専念したい。そして稽古に専念して、またいい姿を見せられるように頑張る」とあいさつした。

 横綱として87年ぶりに初日から4連敗(不戦敗を除く)を喫し、進退問題が再燃してきた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は12月2日に始まる冬巡業の前半の参加が厳しいと認めた。