男鹿市船越で突風、7棟被害 気象台が被害状況調査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
突風で剝がれ近隣の住宅に飛ばされたトタン屋根=26日午前10時45分ごろ、男鹿市船越字一向
突風で剝がれ近隣の住宅に飛ばされたトタン屋根=26日午前10時45分ごろ、男鹿市船越字一向

 男鹿市船越で25日夕に吹いた突風で、住宅など計7棟で屋根の剝離や破損の被害があったことが、26日分かった。けが人はいなかった。秋田地方気象台は機動調査班を派遣して調べたが、突風の原因は特定できなかった。

 市によると、船越字一向でアパートのトタン屋根約160平方メートルが剝がれて飛ばされた。船越字船越の住宅で屋根約40平方メートルが剥がれたほか、カーポートが破損するなどした。飛んだトタンが電柱に接触した影響で、船越地区の23戸が一時停電した。

(全文 429 文字 / 残り 206 文字)