鳥海山・飛島ジオパーク、児童生徒が魅力を語る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
寸劇を交えて鳥海山からの伏流水について発表した象潟小の児童
寸劇を交えて鳥海山からの伏流水について発表した象潟小の児童

 秋田県にかほ市や由利本荘市などにまたがる鳥海山・飛島ジオパークについて、地元の小中学生が特徴的な地形について調べた成果を披露する発表会が1日、山形県遊佐町の町生涯学習センターで開かれた。秋田県内からは象潟小と鳥海中の児童生徒が登壇し、地形がもたらす魅力について約170人の聴講者に語った。

 発表したのは、にかほ市の象潟小と由利本荘市の鳥海中、山形県遊佐町の藤崎小、酒田市の若浜小の4校。地元の自然や地形について調べ、発見した面白さについて劇やスライドショーで紹介した。

(全文 582 文字 / 残り 347 文字)