これが五輪金の技 柔道・井上さん、塚田さんら小中高生指導

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 打ち込みのフォームを指導する井上さん(左)
打ち込みのフォームを指導する井上さん(左)

 柔道のシドニー五輪金メダリストの井上康生さん(40)=全日本柔道男子監督=と、アテネ五輪金メダリストの塚田真希さん(36)=東海大女子柔道部監督=による柔道教室が2日、秋田市の県立武道館で開かれた。県内の小、中学校と強化拠点校に指定されている秋田工業高から計320人が参加。技をかける際のポイントや、練習に対する心構えについて指導を受けた。

 井上さんは、自身の得意技である内股を指導。相手の懐に入る際は膝を曲げ、足を後ろにはね上げると同時に伸ばすことなどを教えた。参加者から「力が上の相手との試合ではどうすれば勝率が上がるか」と質問されると、「組んだ瞬間に『怖い』と感じたら負け。自信を持って組むことが大事」と強調した上で、「打ち込みなど小さな練習の積み重ねが大きな自信につながる」と述べた。

(全文 697 文字 / 残り 350 文字)