イージス「秋田市の意向が重要」 知事、県単独の判断否定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 12月秋田県議会は3日、本会議を開き、北林康司(自民)、渡部英治(みらい)、川口一(自民)の3氏が一般質問した。佐竹敬久知事は秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)の受け入れ可否の判断に関し「地元秋田市の意向が重要だ。市の意向を飛び越えることはない」と述べ、県単独で結論を出す考えはないとの考えを示した。渡部氏への答弁。

(全文 456 文字 / 残り 259 文字)