男鹿に季節ハタハタ来た! 北浦で初漁、先発隊か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
モニタリングで水揚げされたハタハタ=4日午前7時半ごろ、男鹿市北浦の相川漁港
モニタリングで水揚げされたハタハタ=4日午前7時半ごろ、男鹿市北浦の相川漁港

 秋田県男鹿市北浦に季節ハタハタの“先発隊”の一部とみられる群れが接岸した。3日に約3・2キロが競りにかけられたほか、4日朝は約8・5キロが水揚げされた。3日が今年の県内初漁となり、昨年より1日早い。

 産卵のため接岸する魚群を小型定置網や刺し網で捕るのが季節ハタハタ漁。男鹿市北浦の北浦、相川両漁港では、漁業者が先月末から代表の漁船2隻を出してモニタリングを行っており、その網に掛かった。

(全文 393 文字 / 残り 199 文字)