BB秋田・間瀬監督ら来季昇格誓う 秋田市長を表敬訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来季の巻き返しを誓う間瀬監督(中央)。右隣は前山選手
来季の巻き返しを誓う間瀬監督(中央)。右隣は前山選手

 サッカーJ3、ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の間瀬秀一監督、MF前山恭平選手会長、運営会社の岩瀬浩介社長が4日、秋田市役所を訪れ、穂積志市長に8位に終わった今季の成績を報告した。続投する間瀬監督は「攻撃的なサッカーに変わってきたことは来季のJ2昇格につながる。秋田の皆さんと喜び合えるよう勝つサッカーをしたい」と巻き返しを誓った。

 今季はJ3連覇を目指したが、前半はほとんど上位争いに絡めず9位まで沈み、7月に杉山弘一監督を解任。2015、16年に指揮を執った間瀬監督が復帰し、攻撃的なプレースタイルで一時は5位まで上がったが終盤に失速した。前山選手は「いい結果を出せなかったが、監督が代わってからの半年で昇格に向けた基礎ができた」と手応えを語った。

(全文 488 文字 / 残り 162 文字)