大館曲げわっぱ工房閉鎖へ 来年3月末、指導者高齢化などで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
来年3月末で閉鎖する大館曲げわっぱ体験工房
来年3月末で閉鎖する大館曲げわっぱ体験工房

 秋田県大館市の中心市街地の大町にある「大館曲げわっぱ体験工房」が来年3月末で閉鎖されることになった。5日の市議会教育産業委員会で市が明らかにした。市は「大町のにぎわいに貢献した施設。残念だが、他の面で市街地活性化に取り組みたい」と話した。

 同工房は2009年、体験型観光の拠点づくりと中心市街地のにぎわい創出を図り、市が大町の「おおまちハチ公通り」に開設。大館曲げわっぱ協同組合に運営を委託してきた。大館曲げわっぱ伝統工芸士会の会長だった佐々木悌治さん(87)らが指導し、体験料を払った来場者が製作キットを組み立てる仕組み。

(全文 641 文字 / 残り 378 文字)