吉田輝星「今年活躍した選手」2位 1位羽生、3位大谷

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
吉田輝星投手
吉田輝星投手

 笹川スポーツ財団(東京)は6日、2018年の「もっとも活躍したアスリート」と「スポーツ重大ニュース」の調査結果を発表し、金足農高3年の吉田輝星投手がアスリートの2位に入った。1位はフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)。

 吉田は第100回全国高校野球選手権記念大会でチームを秋田県勢103年ぶりの準優勝へ導き、社会現象にもなった「金農旋風」の立役者となった。羽生は平昌冬季五輪で2連覇を果たし、重大ニュースでもトップになった。

 このほか、米大リーグで投打の二刀流で存在感を発揮し、ア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平(エンゼルス)が両部門で3位。全米オープンテニス優勝の大坂なおみ(日清食品)が重大ニュース2位、アスリート4位だった。

(全文 363 文字 / 残り 47 文字)