地方点描:大いなる演奏に[大曲支局]

お気に入りに登録

 「わがふるさとよ うるわしのくに」…。先日、ラジオ番組で「大いなる秋田」(石井歓作曲)が流れていた。「秀麗無比なる」で始まる県民歌や、「朝あけ雲の色はえて」の県民の歌を巧みに織り込んだ全4楽章。ドラマチックな展開に聞き入った。

 1968年に明治百年記念事業として作られた「大いなる秋田」には、大仙市の人たちが深く関わっている。県教育庁で曲の構想づくりに携わった伊藤浩太郎さん(故人)と高橋武三さんは、いずれも旧大曲市で要職を務めた。第3楽章に出る県民歌の作詞者、倉田政嗣(1894~1932年)は太田地域で育った。

(全文 615 文字 / 残り 357 文字)