冬山まるごと満喫を 仙北市、外国人誘客へ体験メニュー試行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
たざわ湖スキー場周辺の圧雪されていないバックカントリーを楽しむ観光客(同スキー場提供)
たざわ湖スキー場周辺の圧雪されていないバックカントリーを楽しむ観光客(同スキー場提供)

 秋田県仙北市のたざわ湖スキー場と市、観光協会などでつくる「AKITA・たざわ湖スノーリゾート推進協議会」は来年2月、ゲレンデ以外のバックカントリーを楽しんでもらうガイドツアーや、廃止したスキー場を活用した新たな体験メニューに試験的に取り組む。スキー場周辺の魅力を高め、インバウンド(訪日外国人客)誘致につなげる狙い。来シーズンからの本格実施を目指す。

 ガイドツアーは、同スキー場北側の秋田駒ケ岳の山麓にスノーモービルでスキーヤーやスノーボーダーを運ぶ計画。ルートは今後検討するほか、小型無人機ドローンでスキーヤーらの動画を撮影し、提供することも考えている。

(全文 827 文字 / 残り 548 文字)