本社・大久保記者が金賞 東北写真記者協会新聞スポーツ部門

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スポーツ部門で金賞に選ばれた大久保瑠衣記者の「渾身のガッツポーズ」
スポーツ部門で金賞に選ばれた大久保瑠衣記者の「渾身のガッツポーズ」

 東北写真記者協会(秋田魁新報社など新聞、通信、放送計60社加盟)は7日、2018年度の協会賞に新聞部門は岩手日報社の山本毅氏の「いわて音巡り」、テレビ部門はNHK秋田放送局の森川健史氏の「クロマグロの謎に迫る」を選んだと発表した。

 新聞のスポーツ部門では、秋田魁新報社の大久保瑠衣記者が、第100回全国高校野球選手権記念大会の準々決勝で、金足農の菊地彪吾(ひゅうご)選手が2ランスクイズで生還したシーンをとらえた「渾身(こんしん)のガッツポーズ」(8月19日付)を金賞に選んだ。

(全文 507 文字 / 残り 267 文字)