東京医大、5人の追加入学認めず 許可は44人、枠に限り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京医科大
東京医科大

 医学部の不正入試問題で、東京医科大は7日、昨年と今年の入試で本来は合格ラインを超えていた受験生計101人の追加合格の判定結果を公表した。入学を希望したのは49人で、このうち44人には入学を認める一方、枠に限りがあるとして5人について認めなかった。5人は、いずれも今年の一般入試を受けた女子だった。受験生の支援団体などは希望者全員の入学を求めており、反発の声が上がりそうだ。

 東京医大は昨年と今年の受験生に関し、女子と長期浪人生への不利な得点操作などを排除した場合の得点を復元。その結果、受験生計101人を追加合格の対象とし、意思確認していた。