森島寛晃氏がC大阪社長就任へ 元日本代表「ミスターセレッソ」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
森島寛晃氏
森島寛晃氏

 サッカーJ1、C大阪の新社長に元日本代表MFの森島寛晃氏(46)が就任することが7日、分かった。関係者によると、スポンサーのヤンマー、日本ハムの意向で、クラブOBで現在はチーム統括部オペレーショングループ部長(強化部長)の森島氏を選んだという。今月中旬の臨時株主総会を経て正式に決まる。

 森島氏は1991年にC大阪の前身のヤンマーに入団し、攻撃の中心選手として活躍。現役引退まで同クラブ一筋でプレーして「ミスターセレッソ」と呼ばれた。日本代表では、98年と2002年のワールドカップ(W杯)に出場した。