ハタハタ水揚げ、岩館漁港で初競り 八峰町、先発隊10キロ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八峰町の岩館漁港で今季初めて競りにかけられた季節ハタハタ
八峰町の岩館漁港で今季初めて競りにかけられた季節ハタハタ

 秋田県八峰町の岩館漁港で8日、季節ハタハタ約10キロが水揚げされた。同漁港を管轄する県漁協北部総括支所で競りが行われたのは今季初めてで、昨年より4日遅い。

 網に掛かったのは接岸する魚群の「先発隊」の一部とみられ、雄約6キロ、雌約4キロ。いずれも全長15~20センチほどの2歳魚が中心。県漁協職員の笠原大輔さん(28)は「7日のしけに乗って接岸した一部ではないか。気温も下がってきたので、このまま順調に水揚げが続いてほしい」と話した。

(全文 258 文字 / 残り 41 文字)