歌と演奏で東海林太郎しのぶ 生誕120周年記念し音楽祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東海林の歌の数々が披露された音楽祭
東海林の歌の数々が披露された音楽祭

 秋田市出身の歌手・東海林太郎(1898~1972年)の生誕120周年を記念する「東海林太郎音楽祭」が9日、秋田市中通のアトリオン音楽ホールで開かれた。名曲の数々の歌や演奏を約600人が楽しみ、郷土が生んだ名歌手をしのんだ。NPO法人東海林太郎顕彰会などでつくる実行委員会(小国輝也委員長)の主催。

 東海林の母校・旧制秋田中学を前身とする秋田高校の吹奏楽部は「赤城の子守唄」などを演奏。秋田大付属小学校の合唱部は「野崎小唄」など6曲を会場いっぱいに響かせた。

(全文 572 文字 / 残り 343 文字)