秋田明治の建物:旧松浦家住宅(横手市増田町) 座敷蔵に高い装飾性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
横手市増田伝統的建造物群保存地区のほぼ中央に位置する旧松浦家住宅=横手市増田町
横手市増田伝統的建造物群保存地区のほぼ中央に位置する旧松浦家住宅=横手市増田町

 横手市増田町を南北に走る目抜き通りの中七日町通りは通称「増田蔵町通り」。内蔵を備えた古い商家が立ち並ぶ国の重要伝統的建造物群保存地区だ。その中心に立つ旧松浦家住宅は、明治期に建てられた主屋、内蔵、米蔵の3棟がそろってそのまま残っている貴重な建造物。歴史風情あふれる通りの中でも、ひときわレトロで重厚なたたずまいが漂う。

 建築時の当主は初代・松浦千代松(1861~1921年)。「増田町史」などによると、千代松はたばこ商人から水力発電の事業家に転身、1910(明治43)年に養子の孝八郎(二代・千代松)と共に「増田水力電気」を設立した。初代はその後、県会議員となり、二代目は増田町長を務めた。

(全文 1092 文字 / 残り 796 文字)

旧松浦家住宅

■国重要文化財
所在地 横手市増田町字増田字七日町139(内部は非公開)
問い合わせ 横手市教育委員会文化財保護課TEL0182-32-2403