女子鷹巣粘って7位入賞、男子大曲は32位 全国中学駅伝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子】区間3位の力走を見せた鷹巣の1区津谷咲(中央手前)
【女子】区間3位の力走を見せた鷹巣の1区津谷咲(中央手前)

 第26回全国中学校駅伝大会が16日、滋賀県野洲市の希望が丘文化公園スポーツゾーン芝生ランドで各都道府県代表の男女各48校(開催県は男女各2校)が出場して行われた。

 女子(5区間12キロ)は6年連続12度目出場の鷹巣が粘り強くつなぎ、42分10秒で7位入賞。鷹巣の入賞は2015年の8位以来。男子(6区間18キロ)は2年ぶり2度目出場の大曲が59分27秒で32位だった。

 女子は41分34秒、男子は大会新の56分33秒でともに桂(京都)が制した。女子は5連覇、男子は初の頂点で、アベック優勝は大会史上初。

(全文 525 文字 / 残り 273 文字)