華麗に軽やかに 県内初、ローラースケートフィギュア大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プライマリー部門で優勝した藤原さんの「フリー」の演技
プライマリー部門で優勝した藤原さんの「フリー」の演技

 ローラースケートフィギュアに取り組む子どもたちの競技大会が16日、秋田県内で初めて開かれた。秋田市御所野の県中央シルバーエリアを会場に、市内外の小学2年~中学2年の男女7人が、軽やかなステップやスピンなど華麗な技を披露した。

 県内では現在、18人の小中学生が競技に取り組んでいる。毎月1回、日本ローラースポーツ連盟の講師を招いた講習会で技術を学び、そのほかは個人で練習を重ねているという。

 大会は、競技への意欲を高めてもらおうと県ローラースポーツ連盟が初めて実施。競技を始めて3年ほどの選手が対象の「初心者部門」と、日本ローラースポーツ連盟公認の大会出場資格を持つ選手が対象の「プライマリー部門」に分かれ、規定とフリーの合計得点を競った。

(全文 516 文字 / 残り 196 文字)