防災ラジオを無償貸与 北秋田市、災害時の情報伝達確実に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
防災ラジオ受信機の使用方法について説明を受ける松ケ丘自治会の住民
防災ラジオ受信機の使用方法について説明を受ける松ケ丘自治会の住民

 秋田県北秋田市は今月から、一般家庭と事業所に防災ラジオの受信機を無償貸与している。対象は事前申し込みのあった8181世帯と162事業所。既存の防災行政無線に代え、情報伝達手段を統一する。普及率は約7割となる見込み。自治会で説明会を開催し、順次各世帯に配っている。

 防災ラジオは、ポケベルの電波を使って受信機に情報を一斉送信する。ポケベルの電波は建物内でも届きやすい特性を持ち、災害発生時などに緊急情報が送られると、受信機の電源が自動で入る。送信されるのは気象警報や避難の準備、勧告、指示のほか、緊急地震速報、有害鳥獣情報など。

 これまで鷹巣、合川、森吉、阿仁の4地区のうち、鷹巣は防災行政無線が未整備だった。総務省が防災行政無線のアナログ方式周波数の使用を2022年11月末で終了することを決めたため、防災ラジオの導入を進めた。

(全文 824 文字 / 残り 459 文字)