スタジアム候補地、広さや駐車場は大丈夫?

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 サッカーJ3ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地としての活用を想定した新スタジアムの整備構想策定協議会(会長=相場哲也・秋田商工会議所専務理事)は17日、秋田市の県商工会館で第5回専門委員会を開いた。整備候補地に挙がっている同市内3カ所について調査を委託された建設コンサルタントによる中間報告が行われた。

 候補地は八橋運動公園、秋田大(手形学園町)、合板製造の秋田プライウッド本社(川尻町大川反)のそれぞれの一部敷地。八橋運動公園はスペースプロジェクト・ドリームフィールド(第2球技場)と健康広場への整備を想定している。

(全文 731 文字 / 残り 469 文字)