困窮世帯へ温かい支援を 秋田市役所に食品回収箱設置

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所市民ホールに置かれた回収ボックス。1日に2回、市職員が中身を回収している
秋田市役所市民ホールに置かれた回収ボックス。1日に2回、市職員が中身を回収している

 一般社団法人フードバンクあきた(林多実代表)は、寄付で集めた食品を生活困窮世帯に提供するための回収ボックスを26日まで秋田市役所市民ホールに設置している。同法人が進める「フードドライブ」活動の一環。冬休みに入って給食がなくなり、正月準備などで出費が増えるこの時期は支援を必要とする世帯が増えるといい、同法人が寄付を呼び掛けている。

 同法人は、秋田市民サービスセンターや潟上市役所など県内約20施設にボックスを常設。秋田市役所では、学校が長期休みに入る7月と12月に1カ月間ボックスを設置している。

(全文 731 文字 / 残り 482 文字)