原田防衛副大臣、電波調査で実測の方針示す イージス配備

お気に入りに登録

 原田憲治防衛副大臣は21日、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備を計画している迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」のレーダーが発する電波の影響調査について、搭載するレーダーが完成した後に実機を使った測定を行う考えを示した。

 同日、秋田県庁で佐竹敬久知事、市役所で穂積志市長らと面会し明らかにした。穂積市長との面会の際には「実際に完成した場合は実物から電波を発射し、実測することで安全性を確認したい」と述べた。実測する場所への言及はなかった。

(全文 545 文字 / 残り 321 文字)