秋田杉の高級感…たざわ湖スキー場に新ラウンジ、地酒も提供

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
スキーセンター・レラ内に新設された「ラウンジ黒森」
スキーセンター・レラ内に新設された「ラウンジ黒森」

 秋田県仙北市のたざわ湖スキー場のスキーセンター・レラ内に、「ラウンジ黒森」がオープンした。国内外から訪れるスキー客に秋田の魅力を伝えようと県が整備。秋田杉などの県産木材を使った木のぬくもりが感じられる空間になっており、本県の地酒や地ビールも提供する。

 県は昨年度、海外からの誘客も見据え、スキー場の利便性や魅力を高めようと約3億円を投じてレラを改修。昨年12月のスキー場開きに合わせてリニューアルオープンした。ラウンジも新たに整備されたが、完成が今年3月だったため、オープンは今冬になった。

(全文 551 文字 / 残り 305 文字)