入山準備に役立てて 白神山地森のえき、登山用品販売始める

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「白神山地森のえき」で販売を始めた登山用品をPRする高瀬さん
「白神山地森のえき」で販売を始めた登山用品をPRする高瀬さん

 白神山地などの登山客に利用してもらおうと、秋田県藤里町藤琴の町観光物産拠点「白神山地森のえき」で登山用品の販売を始めた。運営する町商工会の高瀬由里子さん(50)は「ぜひ立ち寄って装備を充実させてほしい」としている。

 取り扱っているのは、ポンチョや登山用ソックス、ネックウオーマー、携帯式ガスボンベなど100点以上。登山ガイドでもある高瀬さんが実際に使った装備の中から選び、11月上旬からコーナーを設けて販売している。

 高瀬さんによると、関東方面からの登山客が大館能代空港(北秋田市)経由で白神山地を訪れた場合、ルート上で本格的な登山用品を扱っている店舗は少なく、ガスボンベなど飛行機内に持ち込めない道具もあるという。

(全文 562 文字 / 残り 253 文字)