全国の産婦人科病院が過去最少 小児科も減、厚労省調査

お気に入りに登録

 全国の産婦人科や産科の病院は昨年10月時点で、前年比19減の1313施設で、統計を始めた1972年以降、最少となったことが27日、厚生労働省が公表した2017年医療施設調査で分かった。27年連続の減少で平成初期の90年の約半数になった。産婦人科や産科の診療所(20床未満)は14年と比べて142減の3327だった。

 小児科病院は前年比26減の2592と24年連続の減少。小児科診療所も3年間で1225減り、1万9647となった。

 厚労省の担当者は「出生数の減少や少子化の影響。地域で産科の集約化が進んでいることも背景にあるのではないか」としている。