元経営者を追起訴、秋田地検 秋田市保育所不正受給事件

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市の「笑咲(えみ)保育園」を巡る助成金の不正受給事件で、秋田地検は27日、企業主導型保育所向けの施設整備助成金約674万円をだまし取ったとして、同園運営法人元代表(58)=同市添川字地ノ内、会社員=を詐欺の罪で秋田地裁に追起訴した。

 元代表の起訴は4回目。起訴状によると、昨年2~4月、助成金の支給窓口の児童育成協会(東京)に保育園の施設整備費を水増し申告し、本来受け取れる助成金が2374万6千円だったのに、3049万2千円を受け取ったとしている。次回公判は来年1月28日。

(全文 316 文字 / 残り 75 文字)