カタガミジャー、5年ぶりに復活 地域の魅力発信を手助け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5年ぶりに復活したカタガミジャー(カタガミジャー復活プロジェクト提供)
5年ぶりに復活したカタガミジャー(カタガミジャー復活プロジェクト提供)

 秋田県潟上市のご当地ヒーロー「ふるさと宣隊カタガミジャー」が5年ぶりに復活した。地元の若者グループが2009年に考案し、テレビCMや市内のイベントに出演していたが、13年を最後に活動を休止していた。復活プロジェクト代表の佐藤賢一さん(34)=佐藤食品社長=は「キャラクターを活用して潟上の魅力を発信していきたい」と話している。

 カタガミジャーは、県内テレビ局が毎年開催している「手作りCM大賞」への出演を目的に、市内の若手経営者ら20~40代の有志でつくる地域活性化団体「いいじゃんかたがみ」が09年に考案した。キャラクターデザインは、メンバーが経営する印刷会社が手掛けた。

 その後は、市内の幼稚園や子ども会のイベントに出演。地域のPRと子どもの愛郷心を育む活動に取り組んできたが、メンバーが仕事や子育てで忙しくなり、活動できなくなっていた。

(全文 794 文字 / 残り 422 文字)