摂津投手「心残りなく野球できた」 プロ引退への思い語る

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今季限りでの引退を決めた摂津投手
今季限りでの引退を決めた摂津投手

 今季限りでの引退を決めたプロ野球ソフトバンクの摂津正投手(36)が31日、秋田市寺内の実家で、引退を決意した理由や現役生活の思い出を語った。今後の活動は未定。

 ―引退の決め手は何か。

 「(自由契約となり)野球をやる環境がなくなった。加えて体力の衰えを感じていた。12月中旬には引退を考えていた。自分で決め、妻も『分かった』と言ってくれた。心残りなく野球ができたので、すっきりしている。プロに入る時は2、3年が限界かなと思っていたが、10年もやれて良かった」

(全文 901 文字 / 残り 672 文字)