ぐーっと飲んで「大豊作」 にかほ市象潟町で「酒飲み占い」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
各集落の代表が飲みっぷりを競った酒飲み占い
各集落の代表が飲みっぷりを競った酒飲み占い

 大杯につがれた日本酒の飲みっぷりや飲んだ量で今年の稲の作柄を占う「酒飲み占い」が1日、にかほ市象潟町関の諏訪神社(阿部靖史宮司)で行われた。関地区にある町、立石、奥川の3集落の代表が大杯を傾け、立石集落が「大豊作」と判定された。

 酒飲み占いは、地域の漁師たちが大漁や海上安全を祈願し、漁獲を占うために始めたとされ、やがて稲の豊凶を占うものに変化したという。

(全文 418 文字 / 残り 239 文字)