時代を語る・浅利京子(13)アイドル並みに活躍

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
トラックの宣伝写真の撮影で=昭和34年ごろ
トラックの宣伝写真の撮影で=昭和34年ごろ

 秋田市中通にあった料亭「あきたくらぶ」では、お座敷があると席ごとに「たばこ盆」が用意してありました。縦10センチ、横20センチぐらいの小さい盆で、「唄の本」とブロマイドが入っているんです。唄の本はお座敷で歌う地元の民謡の歌詞が付いていて、ブロマイドはもちろん川反の芸者や舞妓。秋田土産の一つということだったようです。

 あきたくらぶでは芸者たちの撮影会があったんですよ。私が舞妓になった昭和33(1958)年の7月には1人ずつ、全員撮りました。当時は、川反通りにブロマイド屋があって、芸能人の写真と一緒に私たちのも売られていたようです。同僚から1枚55円と聞いたけど、当時は同じ値段で3本立ての映画が見られましたから、結構高いなと思いましたね。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 769 文字 / 残り 447 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース