秋田商の「守護神」躍動 GK山口、PK2本阻止

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前半、相手FWとの1対1のピンチを防ぐ秋田商のGK山口(左)
前半、相手FWとの1対1のピンチを防ぐ秋田商のGK山口(左)

 秋田商の「守護神」が躍動した。GK山口雄也(2年)がこの日もピンチで好セーブを連発。1―1の同点で突入したPK戦では、相手のPK4本のうち2本を阻止し、勝利の立役者となった。

 今大会3試合にフル出場。反応良く痛烈なシュートを止めるだけでなく、DF陣に冷静に指示を出し、シュートコースを封じるなど、守備の要として活躍している。小林克監督は「今大会本当によく集中できている」と成長ぶりに目を細める。

(全文 424 文字 / 残り 226 文字)