若者活躍支援に数千万円 19年度予算方針で佐竹知事

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 秋田県の佐竹敬久知事は4日の年頭会見で、2019年度の当初予算案の編成に際し、起業や技術習得など若者の取り組みを後押しする事業を新たに立ち上げ、関連経費として数千万円を計上する方針を明らかにした。起業希望者らを資金面で支援することで若者が挑戦しやすい環境を整え、県内定着を促したい考えだ。

 県は人口減が進む中、進学や就職で本県を離れる若者を抑制する社会減対策が欠かせないとして、さまざまな施策を展開している。県内企業に就職する学生の奨学金返還を一部助成する制度などを設けている。

(全文 545 文字 / 残り 305 文字)