春高バレー、秋田北は初戦敗退

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【女子1回戦・秋田北―沼田】第1セット、秋田北の野中がスパイクを決めて21―22とする=武蔵野の森総合スポーツプラザ
【女子1回戦・秋田北―沼田】第1セット、秋田北の野中がスパイクを決めて21―22とする=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールの第71回全日本高校選手権大会(春高バレー)は5日、東京都調布市の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で男女各52校が参加して開幕し、男女1回戦を行った。

 女子の秋田北は沼田(広島)と対戦。多彩な攻撃を防ぎきれず、0―2のストレート負けを喫した。古川学園(宮城)は市船橋(千葉)との好カードを2―1で制した。

 男子は日本航空(山梨)が安来(島根)を2―1で下し、6日の2回戦で雄物川と戦うことが決まった。3大会ぶりの優勝を狙う東福岡(福岡)は大塚(大阪)に2―1で競り勝った。

 大会は準々決勝まで3セット制、準決勝と決勝は5セット制で行われる。

(全文 496 文字 / 残り 219 文字)